当院について

パンダの母子

あしからず

残念ながら、私は神の手ではありませんので、おっぱいトラブルをすぐに解決できると期待されますと、がっかりされてしまうかもしれません。時間をかけて改善されることもあります。時には悪化したかのような症状を繰り返したり、月齢に伴う変化を待ったり、思うような経過にならずに気落ちされる場合もあるかもしれません。

また医師ではないので薬は出せません(もちろん必要時には病院の受診をすすめます)。

しかしながら人間には、生来持っている自然治癒力(問題解決能力)があります。その力を信じ、生かしていただけるように、できる限りのお手伝いをしています。

手技はもちろんですが、カウンセリングを交えながら、お母さまとそのご家族と共に、健やかな母乳育児を続けられるよう、微力ながらご支援させていただければと願っています。

パンダの抱き合う母子

より良い母乳育児のために 母乳健診のすすめ

母乳育児にかかわる問題や相談に応じることはもちろんなのですが、本来桶谷式が目指すのは、より良好な状態の母乳を赤ちゃんに与えることによって、お母さんも赤ちゃんも健やかに母乳育児が続けられること。

母乳は赤ちゃんの心身の栄養となる大切なものです。

おっぱいトラブルを解決してたくさん美味しい母乳を飲んでもらえるようにすることはもちろんですが、良いおっぱいのコンディションを保つこと、ママの心身の健康状態を保つことで、より良い母乳を作り出し、赤ちゃんが健やかに成長してくれることが一番の願いです。

そこで重要かつお勧めしたいのが母乳のメンテナンスです。

赤ちゃんには発達の節目に定期健診があり、元気に問題なく育っているか確認し、問題があれば早期に発見して対応できるようになっています。母乳も同様に、特に気になる乳房トラブルがなくても、おっぱいが元気で問題ないか、健やかに変化して、赤ちゃんの発達に対応しているか、定期健診をされることをおすすめします。

健康で元気なおっぱいは、赤ちゃんを笑顔に、健やかにしてくれるはずです。

赤ちゃんの発達に合わせて母乳や授乳の様子も変化していきます。自分の母乳育児は健やかに成長に対応しているか、定期的に、または成長の節目だけでも母乳健康診査をしてみてください。

事が起こってからでは、治るまでに時間もお金もかかってしまいます。気になる症状や不快な感じがあれば放っておかずに、ひどくなる前にご相談下さい。

両親の日頃の健康行動はお子さまに反映されていきます。

ママ・パパが正しく健康に過ごす行動をみて、子供は学び、自ずと健康に気づかえることができるようになると思うのです。

じゃれ合うパンダの母子

断乳・卒乳は事前にご相談を

当院では、事前にご相談・手技がなく断乳・卒乳してから来院される方には、割増料金を設定しています。

これまでにいろんな経緯があったこと、大変な労力と時間(通常の2~3人分の枠)を要することなど、こちらの都合で大変申し訳ないのですが、やはり桶谷式の認定者として助産師として、母子の健康を一番に考えた上で、責任をもって対応するために考えた末の策と、ご理解下されば幸いです。

断乳・卒乳を希望される方は、悩んだり考えている段階で一度ご来院いただき、手技を受け、ご相談下さい。乳房の状態を診せていただき、その上で断乳・卒乳の説明をさせていただきます。手技と説明を受けて、断乳・卒乳後の予約が入った方は、割増になりません。

母乳育児に一区切りつけようと決心したら、また、どうしようと悩んでいたら、まずはご相談下さい。